犬のダイエットってどうすればいいの?

もうすぐ夏、夏といえば、多くの人がダイエットに励む季節でもあります。

夏場は体があたたまりやすく、汗もかきやすい運動にぴったりのシーズンでもあります。

気合いも入れて頑張る前に、一緒に暮らすわんちゃんのダイエットも始めてみませんか?

犬も暑い季節はついつい家にこもりがち…気づかないうちに体重が肥満になっている可能性もあります。

犬の肥満は、人間と同じように病気に繋がりやすく、大切なわんちゃんの健康を損なってしまう原因にもなります。

せっかくの運動なら、愛するわんちゃんも一緒に楽しめたらいいですよね。

この記事では、今年の夏こそ頑張る飼い主さんとわんちゃんが一緒にダイエットできるような方法をご紹介します。

とにかく外に出て運動しよう

暑い日には、人間も犬もどうしても屋内で涼んでしまう傾向があります。

特に大型犬や寒い地域に暮らす犬を飼っている人は、暑さに弱いわんちゃんのために冷房を強く入れていることが多いと思います。

寒すぎる室内に長時間いることは、夏バテの原因にもなります。

とにかく外に出て、とにかく歩くことを意識してみましょう。

運動好きのわんちゃんも多いですが、小型犬などのわんちゃんの中にはあまり運動が好きではないわんちゃんもいると思います。

しかし犬とは元々広い大地を駆け回る動物でもあります。

あまりに運動しないと、ストレスが溜まり、言うことを聞かなくなったり、物を壊す破壊行動をしたり、落ち着きがなくなったりする原因にもなります。

外で思いっきり遊ばせてあげることが1番ですが、どうしても家から出たくないわんちゃんや外に出ると怖がってしまうわんちゃんの場合は、家の中で思いっきり遊んであげましょう。

しっかりと運動させることで、ストレスを発散し、飼い主にとっても、わんちゃんにとっても、良い効果が生まれる可能性があります。

特に大型犬は、運動をしないと、ストレスが溜まりやすくなるため、積極的に外に出して運動させてあげましょう。

ストレスが蓄積すると、足を自分で噛んでしまったり、無駄吠えをしたり、ぐるぐると回るなどの行動が現れることがあります。

いざ外で遊ぶ際に注意してほしいのは、水分補給の頻度です。

わんちゃんも人間も、暑い日の中で散歩したり、運動することで大量の水分を失います。

特にわんちゃんは、舌を出して温度調節するのですが、その際によだれが出る場合があります。

いつでも外で水分補給ができるように、持ち運びできる折りたたみ式の器を持ったり、大きめのボトルに自分とわんちゃん用の水を入れていきましょう。

わんちゃんには、人間のジュースや飲料は禁物です。

人間の食べ物、飲み物は、犬にとって健康を妨げる原因になります。

必ず水をあげるようにしましょう。

暑い日の外を歩くと、コンクリートがかなり熱くなり、肉球を痛める原因にもなりかねます。

できるだけ日陰を歩いて、直接的な日光に当たることは避けましょう。

肉球に取り付ける専用のカバーも売っているので、心配な方は購入してもいいかもしれません。

わんちゃんがどうしても外に出たがらない時は、外に出て楽しい経験をさせてあげることがとても大事です。

犬は楽しい経験をよく覚えています。

つまり外に出たがらないということはは、何か嫌な思い出があるのかもしれません。

外に出て犬専用のお菓子を買ってあげてもいいし、犬専用のアスレチックで遊ばせてあげてもいいし、とにかくわんちゃんが楽しむことをしてあげましょう。

楽しい経験が積み重なれば、おのずとわんちゃんは外に出たいと思えるようになります。

歩くよりも自転車の方が楽だからという理由で、自転車で散歩や運動をする飼い主さんもいるかもしれません。

しかし、自転車で犬を引っ張ると、犬が速度を合わせづらく、肉球を痛める原因にもなります。

また、飼い主自身の事故にも繋がりかねないので、歩いて運動するようにしましょう。

どうしても家の近くを歩くのを嫌がるわんちゃんには、遠出させてみましょう。

もしかしたらわんちゃん自身の苦手な犬や人、物があるのかもしれません。

例えば、海が好きなわんちゃんであれば、海沿いに連れていってあげたり、何かわんちゃんの好きなものの近くへ出かけてみましょう。

わんちゃんにとっても、飼い主にとっても、新しい場所は運動のいい刺激になるかもしれません。

外に出かける際には、外で遊ぶおもちゃにもこだわってみましょう。

毎回同じおもちゃでは、わんちゃん自身も飽きてしまいます。

新しいおもちゃを買うことで、興味を示し、外に出て遊ぶきっかけにもなります。

ここで注意してほしいのが、わんちゃんの好き嫌い。

例えば、フリース生地は好きだけど、プラスティックのおもちゃには見向きもしないわんちゃんもいます。

せっかく新しく買ったおもちゃに見向きもしてくれなかったら、とても悲しいですよね。

わんちゃんが何に関心を示すのか、音、色、素材などを考えて、わんちゃん好みのおもちゃを探しに行きましょう。

犬同伴がOKなペットショップであれば、直接わんちゃんの反応も見れるので、失敗することなく選ぶことができます。

犬を甘やかさないことがダイエットにつながる

どうしても大好きなわんちゃんには甘えさせてしまうものですよね。

しかし、その甘えがわんちゃんを太らせる原因にもなります。

例えば、暑い日に外に出たくないわんちゃんを抱きかかえて外出していませんか?
せっかく外に出たのに、わんちゃんが歩いていなければ、わんちゃんの運動にはなりません。

犬自身が外に出たいと思えるような経験づくりに励みながら、自分で歩かせましょう。

この際に犬が行きたい方向に行くことは、犬が言うことを聞かない原因になります。

あくまで飼い主が歩く方向を決める姿勢で散歩をしましょう。

残念ながらわんちゃんは人間の気持ちを100%理解できません。

つまり飼い主の「健康のために痩せてほしい」という気持ちは、気持ちだけでは伝わりません。

犬は元々群れで生きている動物だからこそ、飼い主自身が強いリーダーシップを持って、わんちゃんを健康な方向へ導いてあげることがとても大切です。

甘えは家の外だけではありません。

家の中で人間用の食事をあげていませんか?
ついつい食べたそうな顔をしているわんちゃんにあげてしまう飼い主はとても多いと思います。

しかしわんちゃんにとって、人間用の食事はとてもカロリーが高いものになります。

それは飲み物も同じです。

わんちゃんの健康を考えるのであれば、人間の食べ物、飲み物をあげることをやめましょう。

犬用の食事の中でもダイエットフードなどもあり、それらを活用してもいいかもしれません。

一部の飼い主さんは、動物病院からの指示で自宅でわんちゃんの食事を作る方も多いかと思います。

そういった方は、そのまま主治医の先生に従い、食事を作りましょう。

またわんちゃんの肥満に悩む飼い主さんは、かかりつけの病院に相談することも良い方法かもしれません。

ワクチン摂取の際などに相談してみましょう。

肥満体型のわんちゃんは、おそらく運動が苦手なわんちゃんが多いかもしれません。

一般的に犬は運動が好きな動物ですが、犬それぞれに好き嫌いはあります。

その好き嫌いには、犬種がどんな歴史で生まれたのか、どんな目的で開発された犬種なのかということも関係してくるかもしれません。

一度、飼っているわんちゃんの犬種のルーツを探り、どんな行動が好きで、どんなことが嫌いなのかを調べてみましょう。

それぞれのわんちゃんに合わせた運動方法が分かれば、ダイエットも効率的に進めることができます。

単に運動が嫌いということではなく、なんで嫌いなんだろう?ということから考えてみましょう。

おそらく食が好きだからこそ、肥満になってしまうわんちゃんもいるでしょう。

どうしても食という要素がないと、元気が無くなってしまったりする場合は、外に出て運動をした際にご褒美としておやつをあげてみましょう。

この時もできるだけおやつはあげすぎず、少しずつあげてみましょう。

おやつは人間のものではなく、犬用のヘルシーなものを選びましょう。

外に出て、飼い主が外食する際も、必ず人間のものは与えないようにしましょう。

まとめ 飼い主の気持ちこそ1番大事

わんちゃんのダイエットには、飼い主の強い決意とモチベーションが最も大切です。

どれだけ言う事の聞かないわんちゃんであっても、飼い主の気持ちや行動に影響を受けています。

言うことを聞かないことすら、おそらく飼い主の甘えや妥協をとても上手に読み取っているのかもしれません。

相手が犬という頭のいい動物だからこそ、しっかりとダイエットに取り組ませることが大切です。

ダイエットを始めれば、わんちゃんはおそらく「したくない」「やりたくない」という抵抗の行動を見せるかもしれません。

そんな時は厳しく対応することが大切です。

「どんな風に厳しくしたらいいか分からない」という飼い主さんは、一度犬のトレーナーの人に相談してみましょう。

トレーナーによっては、飼い主さんが辛いぐらい厳しく対応することもあります。

それで飼い主のストレスになっては、本末転倒なので、自分に合った良いトレーナーさんを探してみましょう。

ほとんどのトレーナーは、1度体験として犬を任せることができたり、近くから見ることも可能なので、犬自身とトレーナーの相性を実際に見ることもいいでしょう。

どうしても自分だけでは犬のダイエットに取り組めないという方は、専門のトレーナーの力を借りてみましょう。

また寒い地域で暮らしていた犬種の犬などは、夏場の運動にとても多くのエネルギーを使います。

外に出る際の運動に何か不安点があったり、犬の体調が心配な場合は、必ずかかりつけの獣医またはトレーナーに相談しましょう。

犬のことだからこそ、分からないことがいっぱいなのは当たり前です。

1人で頑張らず、周りの専門家の知恵を借りて、今年の夏を頑張ってみましょう、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です